生理中にデリケートゾーンのにおいを抑える方法

女性の生理そのものは宿命ですから、素直に受け止めるしか方法はありませんが、生理中のデリケートゾーンの不快なにおいを抑える方法はあります。

生理中のにおいは経血で雑菌が増える

生理中はいつもよりデリケートゾーンのにおいが強くなります。これは経血のにおいだと思いがちですが、実は経血自体にはにおいはありません。なぜにおいが強くなるかと言いますと、経血が空気に触れることにより、雑菌が繁殖するからです。

ナプキンは適宜取り換えましょう。生理では当然ナプキンを使いますが、最近のナプキンはにおいを抑えると称する製品も増えています。ナプキンを取り替えたばかりのときは、においはしませんが、時間が経つとにおいが強くなっていきます。

これはたとえば3時間も時間が経つとデリケートゾーンに雑菌が繁殖するからです。また、ナプキンは通気性が悪いので、どうしても蒸れやすくなります。

生理中のにおいを抑える基本事項

生理中のにおいを抑える基本事項は、まずはナプキンをこまめに取り換えることです。たとえば3時間に1回などであれば、理想的でしょう。

なお、最近のナプキンは長時間経血が漏れない工夫がなされているので、それほど頻繁に交換しなくても良いと思いますが、においという点からはできるだけ頻繁に取り換えるほうがいいでしょう。

デリケートゾーンを清潔にするのも基本事項

ここで改めていうまでもないことですが、デリケートゾーンは生理中でも清潔にしましょう。そのためにはビデも適宜使いますし、正しい洗い方でデリケートゾーンを清潔にしなければなりません。

ここで大切なのは、正しい洗い方ですが、NGの洗い方はきれいにしたい気持ちでゴシゴシ洗いをしたりすることです。デリケートゾーンの洗い方は、優しく軽くというのが原則で、経血での汚れは軽く洗うだけでもきちんと落ちるものなのです。

引用元:おりもの臭い対策

コメントは受け付けていません。