原因がおりものの場合の臭い対策

女性にはおりものが必ずあり、これは正常なことですから悪いことではありません。ただし、おりものの内容次第では好ましくない事態になります。それはデリケートゾーン特有の臭いで、度が過ぎると、異臭、悪臭になります。

異臭や悪臭は、時には女性特有の重大な病気のサインであり、いずれにしても、何らかの対策が必要になります。

おりものは女性には大切な役目がある

おりものは子宮や膣などから出る分泌液で、通常の場合、膣に雑菌が入るのを防御して、それを体外に排出する働きをします。このようなことで、おりものは生理や体調により、その臭いや色と量が変わりますが、常に臭いが気になる時には注意しましょう。

おりものの臭いがおかしい時は要注意

正常なおりものの色は乳白色あるいは、やや黄色いものですが、個体差があり、においはほとんどありません。ただし、においも個体差があり、チーズのようなやや酸っぱいにおいもあります。このにおいは膣の中のpH値を正常に保つ乳酸のにおいです。

しかし、おりものの色が濃い黄色や緑色、あるいは茶色で、しかもにおいがきつく、さらに痒みを覚える時は、何らかの女性特有の病気に罹っているサインかもしれません。特に茶色で血が混じっている場合は子宮の重大な病気かもしれません。

そのほかには、白くてボソボソのヨーグルト状のおりものや、黄色くて粘り気があるおりものは、性病のカンジダ腟炎や性器クラミジア感染症の可能性があり、緑色っぽいおりものの場合は膣トリコモナス症が考えられます。

おりものの臭い対策

おりものが先に述べたような病気でないことが前提になりますが、普通のおりもので、臭いがきつい場合は、まずはデリケートゾーンを清潔に保つことが臭い対策です。清潔にする場合、膣内は弱酸性なので、相反するアルカリ性の石鹸やボディソープはNGです。

また、しばしば誤解があるようですが、膣の中までを洗うことは逆効果を招きます。その理由は、膣内を洗うと、膣に必要な善玉菌までが洗い流されるからで、そうなると、雑菌が増殖して、かえっておりものの臭いがきつくなります。

重要なことを付記しますと、異常なおりものの場合は臭いを消そうとする前に、婦人科で診察を受けることです。

コメントは受け付けていません。