原因がおりものの場合の臭い対策

女性にはおりものが必ずあり、これは正常なことですから悪いことではありません。ただし、おりものの内容次第では好ましくない事態になります。それはデリケートゾーン特有の臭いで、度が過ぎると、異臭、悪臭になります。

異臭や悪臭は、時には女性特有の重大な病気のサインであり、いずれにしても、何らかの対策が必要になります。

おりものは女性には大切な役目がある

おりものは子宮や膣などから出る分泌液で、通常の場合、膣に雑菌が入るのを防御して、それを体外に排出する働きをします。このようなことで、おりものは生理や体調により、その臭いや色と量が変わりますが、常に臭いが気になる時には注意しましょう。

おりものの臭いがおかしい時は要注意

正常なおりものの色は乳白色あるいは、やや黄色いものですが、個体差があり、においはほとんどありません。ただし、においも個体差があり、チーズのようなやや酸っぱいにおいもあります。このにおいは膣の中のpH値を正常に保つ乳酸のにおいです。

しかし、おりものの色が濃い黄色や緑色、あるいは茶色で、しかもにおいがきつく、さらに痒みを覚える時は、何らかの女性特有の病気に罹っているサインかもしれません。特に茶色で血が混じっている場合は子宮の重大な病気かもしれません。

そのほかには、白くてボソボソのヨーグルト状のおりものや、黄色くて粘り気があるおりものは、性病のカンジダ腟炎や性器クラミジア感染症の可能性があり、緑色っぽいおりものの場合は膣トリコモナス症が考えられます。

おりものの臭い対策

おりものが先に述べたような病気でないことが前提になりますが、普通のおりもので、臭いがきつい場合は、まずはデリケートゾーンを清潔に保つことが臭い対策です。清潔にする場合、膣内は弱酸性なので、相反するアルカリ性の石鹸やボディソープはNGです。

また、しばしば誤解があるようですが、膣の中までを洗うことは逆効果を招きます。その理由は、膣内を洗うと、膣に必要な善玉菌までが洗い流されるからで、そうなると、雑菌が増殖して、かえっておりものの臭いがきつくなります。

重要なことを付記しますと、異常なおりものの場合は臭いを消そうとする前に、婦人科で診察を受けることです。

生理中にデリケートゾーンのにおいを抑える方法

女性の生理そのものは宿命ですから、素直に受け止めるしか方法はありませんが、生理中のデリケートゾーンの不快なにおいを抑える方法はあります。

生理中のにおいは経血で雑菌が増える

生理中はいつもよりデリケートゾーンのにおいが強くなります。これは経血のにおいだと思いがちですが、実は経血自体にはにおいはありません。なぜにおいが強くなるかと言いますと、経血が空気に触れることにより、雑菌が繁殖するからです。

ナプキンは適宜取り換えましょう。生理では当然ナプキンを使いますが、最近のナプキンはにおいを抑えると称する製品も増えています。ナプキンを取り替えたばかりのときは、においはしませんが、時間が経つとにおいが強くなっていきます。

これはたとえば3時間も時間が経つとデリケートゾーンに雑菌が繁殖するからです。また、ナプキンは通気性が悪いので、どうしても蒸れやすくなります。

生理中のにおいを抑える基本事項

生理中のにおいを抑える基本事項は、まずはナプキンをこまめに取り換えることです。たとえば3時間に1回などであれば、理想的でしょう。

なお、最近のナプキンは長時間経血が漏れない工夫がなされているので、それほど頻繁に交換しなくても良いと思いますが、においという点からはできるだけ頻繁に取り換えるほうがいいでしょう。

デリケートゾーンを清潔にするのも基本事項

ここで改めていうまでもないことですが、デリケートゾーンは生理中でも清潔にしましょう。そのためにはビデも適宜使いますし、正しい洗い方でデリケートゾーンを清潔にしなければなりません。

ここで大切なのは、正しい洗い方ですが、NGの洗い方はきれいにしたい気持ちでゴシゴシ洗いをしたりすることです。デリケートゾーンの洗い方は、優しく軽くというのが原則で、経血での汚れは軽く洗うだけでもきちんと落ちるものなのです。

引用元:おりもの臭い対策

生理が不順になり臭う理由と原因

女性特有の自然の摂理に生理があり、誰もが避けて通れませんが、生理が不順になる理由や生理の際にデリケートゾーンが臭う原因について説明します。

生理不順の理由は脳と卵胞が関係する

人体は実に繊細かつ複雑で、身体の下部と上部が連携するとは思いつきませんが、生理不順ではこのメカニズムがあるのです。

人はストレスを感じると、脳にある視床下部の機能が低下します。視床下部には女性ホルモンの分泌をコントロールする機能があり、この機能が低下すると、ホルモン分泌が不足します。

ホルモン分泌の不足はホルモンバランスを崩し、それで卵胞の成長が乱れて、生理不順を引き起こすのです。生理不順と臭いとの関係はそれほど気にしなくてもいいのですが、臭いがきついとか、明らかにいつもと違う際にはほかの理由や原因があると考えられます。

痩せ過ぎや太り過ぎは生理不順の原因

ファッションモデルの体型は多くの女性の憧れですが、そのために間違ったダイエットをすると、栄養不足になり、それが視床下部の作用を低下させます。これがストレスと同じようにホルモンバランスの崩れを招き、生理不順になります。

一方で、太り過ぎだと皮下脂肪から女性ホルモンが分泌されるのが原因で、ホルモンバランスが崩れ、その結果卵巣機能が弱くなり、生理不順になります。

大切なのは正しい日常生活

睡眠不足や運動不足、さらに栄養バランスの悪い外食はホルモンバランスを崩します。生理不順にならないようにするには正しい日常生活が大切です。また、冷えも生理不順の引き金になりますから、四季を通じて冷えには注意しましょう。

卵巣の病気が生理不順を招く

生理不順の理由や原因で気をつけたいのが卵巣の病気です。卵巣は卵胞を発育させ女性ホルモンの分泌、さらには排卵などの働きがあります。したがって生理不順が異常な場合は卵巣の病気に気を配る必要があります。

特にデリケートゾーンの臭いが激しい時には要注意ですから、病院へ行きましょう。

心配しないでもいい生理不順

以上は心配しなければならない生理不順ですが、思春期や更年期の生理不順はそれほど心配しないでも大丈夫です。ただし60日間生理が来ないなどという場合、あるいはデリケートゾーンが痛いとか、痒いとかで、しかも臭いがきつい時には婦人科で診察を受けましょう。

おりものの量とセックスの関係について

女性のおりものはあるのが当たり前ですが、たとえばセックスをした後で、おりものが増えたとか、何らかの変化があると心配になります。そのようなことも含めて、おりもののにおいとセックスの関係を考えてみましょう。

◆そもそもおりものとは?
おりものは医学上では帯下と言いますが、和服を着用する際にデリケートゾーンが、帯の下にあるからこのような名称がつけられたのかもしれません。

おりものには何が含まれているのは、子宮頚部や膣からの分泌物と子宮や膣の古くなった細胞、さらにはバルトリン腺や皮脂腺とアポクリン汗腺からの分泌液です。

人体の自然の妙で、おりものは膣の内部に雑菌が入らないように守る働きがあります。

◆おいものの形状
個人差は多少ありますが、正常なおりものは透明、あるいは白っぽい色で、ショーツなどに付着して空気で乾くとクリーム色になります。なお、膣の内部は弱酸性なので、おりものはやや酸っぱいにおいがしますが、生理前になると、においが強くなることがあります。

おりものの量は下着からしみ出してくるほどの場合もありますし、ストレスや疲労などで量が変化することもあります。また、生理期に多少粘っこくなったり、薄く血が混じることもありますが、これは普通ですから心配は無用です。

◆セックスでおりものの量が増えるのは普通のこと
セックスをする際におりものの量が増えるのは、ごく当たり前のことです。セックスの刺激で自然にバルトリン腺と膣分泌液が分泌されますが、これは男性器の挿入時の摩擦を減らすためです。つまりセックスでおりものの量が増えるのはごく当たり前なのです。

◆セックスの後でおりものに血が混じる
セックスの後でおりものに血が混じる理由は、刺激で膣や子宮に傷がついた時です。特に閉経が近いと女性ホルモンの減少で膣内の皮膚が薄くなり、膣に傷が付いて出血することがあります。

これは男性側にも責任があり、セックスで膣が痛みを感じるようなことがないように、優しく接しなければなりません。

ストレスとオリモノの関係

特に女性は、ストレスが原因でホルモンバランスが乱れる事が多く、そうなると、色々な変化が生じてしまう事が多いです。その変化の中の1つに「おりものの臭いの悪化」があります。

おりものとストレス

少しの体調の変動でも、おりものの臭い、色、粘度等は変わるものです。そして、ストレスによってもおりもの臭いなどは変わるものです。

◇おりものの臭いとストレス
ストレスはおりものに色々な影響を及ぼしますが、中でも一番影響が及びやすいのが「おりものの臭い」です。

普通のおりものはそれほど臭いませんが、ストレスが原因となって、鉄臭いような臭いになってしまう場合があります。

それから、おりものの臭いが婦人系統の病気のサインになっている場合もあります。ですから、おりものの臭いの原因がストレスなのか、疾患によるものなのか(その両方という事もあるでしょう)を見極めるのは非常に大事です。

絶対の基準にはなりませんが、あまりストレスを感じていなくても、おりものの臭いが酷い場合は、少し注意した方が良いかもしれません。

◇ストレスを軽減しておりものの臭いをケアしよう
例えばキャンドルやアロマオイルを使って、芳香によって気持ちを落ち着ければストレスを和らげる事ができるはずです。

それから、日々軽度の運動に取り組む事によってもストレスを和らげる事ができるはずです。普段運動する習慣がない方は、運動が足りていない事がストレスの原因になっている場合があるので、気を付けましょう。

自分に合った方法でストレスを和らげていく事で、おりものの臭いをケアする事ができると言われています。

おりものの臭いを酷くする要因

◇女性ホルモンとストレス
女性ホルモンとおりものの臭いや出る量は、深く関わり合っています。プロゲステロンやエストロゲン等の女性ホルモンが存在しまして、これらのホルモンの動きの影響がおりものに及ぶ事になります。

そしてストレスが蓄積してしまうと、徐々に女性ホルモンのバランスが乱れていきます。そうなってしまうと、おりものが多く出るようになったり、臭いが酷くなったりしてしまいます。

◇疲労
もちろんメンタル面だけでなく、身体の疲労もストレスの原因になります。普段ストレスを感じていないつもりでも、身体の疲労のせいでストレスが蓄積していて、それがおりものの臭いを酷くする原因になっている場合があるのです。

ですからおりものの臭いが酷くなった場合は、ストレスを感じていないにしても、休息を取って身体の疲労を回復させてみるとおりものの臭いが和らぐかもしれません。おりものの臭い